日々のこと

ギャラリースタッフより 常設展示のご紹介です

2020年7月 6日

大ギャラリーは7/15まで、久しぶりに常設展示となっております。

メインテーブルには、小野哲平さんから鉄化粧の皿や湯のみ、マグカップが届きましたのでご紹介しております。薪窯のポット、小皿、マグカップもございます。

schule_2020.7.61.JPG哲平さんのポットの下のお盆は、香川の木工家 山地裕之さんの作品です。黒漆仕上げで、うっすら木目が見え、細かな手彫りの表情が美しいです。無塗装のお盆やコースターも並んでおります。

schule_2020.7.62.JPGschule_2020.7.63.JPGセツローさんの絵と八田 亨 さん の壺。

schule_2020.7.64.JPGそして、シューレのランチで使用する小鉢を、高知の陶工 堅田貴治さんに作っていただいていただのですが、先日届きましたので、さっそくご紹介しております。写真は白っぽく写っていますが、堅田さんの新しい定番色「グレー」になります。ひとつひとつ轆轤でひいて作っていただいています。今後、青錆のお色も作っていただく予定です。ご家庭でもお使いいただきやすい形ですので、ぜひお手にとってお確かめくださいませ。
◯堅田貴治 切立鉢  2,500円+tax

schule_2020.7.65.JPGこの時期人気の、韓国布団イブルはただいま、シングルサイズとベビーサイズが並んでおります。8月頃にダブルサイズや定番の白のシングルサイズなどが入荷予定です。

schule_2020.7.69.JPGschule_2020.7.66.JPGつるとはな から発刊された、皆川明 さんの新書「生きる はらたらく つくる」は、先日のご案内のあと、すぐに完売してしまい、この度再入荷致しました。 合わせて、雑誌「つるとはな」 も創刊号〜5号まで揃いました。どちらも、ふと読み返したくなる素敵な書籍です。

7/17(金)〜7/29(水)は「田村文宏 陶展」を開催いたします。これまで「おかしのうつわ展 2017年」「めし碗展 / ごはんのとも展 2018年」のグループ展で田村さんの器をご紹介させていただきましたが、今回が初めて個展となります。
tamurafumihiro2020.jpgtamurafumihiro2020_dm_2.jpg
DMの撮影に送っていただいた器の中には存在感のある壺が2つありました。個展ならではの、器が届く予感です。みなさまどうぞお楽しみに。