新着情報

ツムギ5日間の秋の受注会2021

2021年7月24日

ツムギ2021AWdm.jpgツムギ5日間の秋の受注会2021
2021.8.25 wed - 8.29 sun
11:00-18:30
※状況によって営業時間は
 変更することがございます。

香川の伝統的な織物「保多織」をつかい、
生地の心地よさを生かしながら
暮らしになじむ洋服をつくるブランド、「ツムギ」。
2021年秋のお洋服の受注会を行います。

今回のテーマは「高松の喫茶店」。
長く愛されるお店が刻んできた歴史、
店主とのたわいの無い会話、
馴染みの店でゆっくりと過ごす時間。
そんな喫茶店の風景を、ツムギらしく表現します。

テーマに合わせコーヒーで染色した生地や、
柿渋染のスラブ糸をつかい凹凸感を出した生地、
起毛させて温かみのある風合いにしたものなどをつかい、
赤や茶色など秋らしいカラーで、羽織やパンツ、
ワンピースなどご用意します。お楽しみください。

古道具の会

2021年7月23日

古道具2021dm.jpg古道具の会
2021.8.7(土) - 8.22(日)
定休日 8.16(月)
11:00-18:30
※状況によって営業時間は変更することがございます。

今年も古道具の会を開催いたします。
岡山、香川の古道具店から、大正、昭和にかけて、
日常で使われてきた古道具がたくさん届きます。
一点ものの道具や家具を見つけに、
ぜひお越しください。

出展
ironmonger/香川
Womb brocante/岡山
maruse/岡山

森康一朗 森知恵子 二人展

2021年6月29日

森康一朗-森知惠子-二人展DM.jpg森康一朗 森知恵子  二人展
2021年7月17日(土) - 7月27日(火) 
定休日:7月19日(月)
11:00-18:30
※状況によって営業時間は変更することがございます。

ガラス作家の森 康一朗さんと森 知恵子さんの
二人展を開催いたします。

お二人は、高松市内で、
「MORI GLASS (モリグラス)」工房
を営まれ、そこで各々の作品を追求し、
日々制作されています。

康一朗さんは、ケーンワーク技法を得意とされています。
色を付けたガラス棒(ケーン)を使って模様を出す技法です。
吹きガラスの中でも高い技術を必要とする方法で、
色鮮やかで縞模様が美しい器を作られています。

知恵子さんは、静けさの中に力強さを
感じられる日々の器を作られています。
透明なガラスに雫がこぼれ落ちたようなデザインの「白雨」シリーズや、
カットガラスの技法を使った「瞬き」シリーズなどがあります。

夏の食卓や窓辺に、
涼しげなガラスを添えるだけで雰囲気が随分変わります。
ぜひご覧ください。

profile 
森 康一朗 Kouichiro Mori
1987 香川県生まれ
2005 香川県立高松工芸高等学校漆芸科 卒業
2009 倉敷芸術科学大学
       芸術学部工芸デザイン学科ガラスコース 卒業
2009 富山ガラス工房 所属(~2013)
2013 TAIZO GLASS STUDIO 勤務
2018 香川県高松市に個人工房「MORI GLASS 」設立

profile 
森 知恵子  Chieko Mori
1979 鹿児島生まれ
2000  嵯峨美術短期大学デザイン科生活デザインコース 卒業
2005 富山ガラス造形研究所造形科 卒業
2006 富山ガラス工房 勤務(~2013.3)
2018 香川県高松市に個人工房「MORI GLASS 」設立

リネンの服 come trueフェア / KOSTKAMM FAIR

2021年6月14日

dm01.jpgリネンの服 come true フェア
2021.7.3 sat - 7.11 sun
11:00-18:00

「come true(カムトゥルー)」はベッドリネンから
スタートしたリネンブランドです。
肌触りの良さを大切に、ベッドリネンをはじめ、
ワンピースやスカート・パンツなどのお洋服、
タオルやハンカチなど制作しています。
全て日本製のリネン100%、
四国の高松にて丁寧に縫製されており、
洗濯をくりかえしても丈夫で
より心地よい風合いになっていきます。
10年後が一番美しい、カムトゥルーのリネンが、
毎日を心地よくできますように。
上質なリネンがもつ心地よさをぜひ体感してください。

dm02.jpgKOSTKAMM FAIR
2021.7.3 sat - 7.11 sun
11:00-18:00

ドイツのブランド"KOSTKAMM"(コストカム)。
木材や水牛の角などの天然素材で、ヘアアクセサリーや櫛、ブラシをつくっています。
天然素材の櫛やブラシはプラスチック素材と違い静電気を帯びず、頭皮に優しい使い心地です。
ヘアアクセサリーは、ドイツの自然からインスピレーションを得た、
フォルムやデザインが印象的。
毎日さりげなく身につけていただけるアイテムが揃います。
シューレでは始めてのフェアとなります。お楽しみください。

東京・武蔵野から

2021年5月 2日

東京武蔵野からDM.jpg東京・武蔵野から
2021.6.19 sat - 6.28 mon

6/19(土)・6/20(日)のみ、11:00〜19:00 営業とさせていただきます 
月曜日〜日曜日 11:00〜18:30
まちのシューレ963  大ギャラリーにて
※21日(月)は定休日となります。ご注意ください。


東京・武蔵野でもの作りをする4組。
一つひとつ手作業にて真鍮や銀など、金属の素材を生かした時計や小物をつくる「atelier coin(アトリエ コワン)」。
布地からデザインし、一本ずつ丁寧に仕上げた
日傘や雨傘「イイダ傘店」。
「10年後も履きたい靴」をテーマに製作している
靴屋「coupé (コッペ)」。
質感のある素材選びを大切に、使いやすさと
「あったらいいな」を織り交ぜて、
丁寧に革小物をつくる「safuji (サフジ)」。
それぞれの魅力的なモノが一同に集まります。
合わせて「maruto」の焼き菓子と「あたらしい日常料理 ふじわら」のびん詰め調味料も届きます。ぜひお楽しみください。

出展者
あたらしい日常料理 ふじわら
atelier coin 
イイダ傘店 
coupé 
safuji 
maruto

デザイナー在店予定
⚫︎19日 
atelier coin 11:00-17:00
イイダ傘店(19日のみ在店となります。) 11:00-17:00
coupe         11:00-17:00
safuji           11:00-17:00

⚫︎20日
ateliercoin  11:00-17:00
coupe         11:00-17:00
safuji           11:00-15:00

※コロナウィルスの感染防止対策として混雑緩和のため初日、2日目は整理券を10時より配布いたします。
詳細は整理券配布のお知らせをご覧ください。
https://www.schule.jp/news/2021/06/002221.html

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11