新着情報

東京・武蔵野から

2021年5月 2日

東京武蔵野からDM.jpg東京・武蔵野から
2021.6.19 sat - 6.28 mon
月-木 11:00-18:30  金-日・祝 11:00-19:00
まちのシューレ963  大ギャラリーにて


東京・武蔵野でもの作りをする4組。
一つひとつ手作業にて真鍮や銀など、金属の素材を生かした時計や小物をつくる「atelier coin(アトリエ コワン)」。
布地からデザインし、一本ずつ丁寧に仕上げた
日傘や雨傘「イイダ傘店」。
「10年後も履きたい靴」をテーマに製作している
靴屋「coupé (コッペ)」。
質感のある素材選びを大切に、使いやすさと
「あったらいいな」を織り交ぜて、
丁寧に革小物をつくる「safuji (サフジ)」。
それぞれの魅力的なモノが一同に集まります。
合わせて「maruto」の焼き菓子と「あたらしい日常料理 ふじわら」のびん詰め調味料も届きます。ぜひお楽しみください。

出展者
あたらしい日常料理 ふじわら
atelier coin 
イイダ傘店 
coupé 
safuji 
maruto

※状況により入場制限を設けることがございますので、
 詳細をHP、インスタグラムでお確かめのうえご来店ください。

竹俣 勇壱 展  Yuichi Takemata exhibition

2021年4月23日

_DAE6021.jpg竹俣 勇壱 展
Yuichi Takemata  exhibition
2021.6.5.土 - 6.14.月
まちのシューレ963  ギャラリー

彫金作家・竹俣勇壱の展示を行います。
古色をおびたアンティークのような
カトラリーやプレートたち。
ステンレスや真鍮、銅などさまざまな
金属を用いた道具がならびます。
ぜひご高覧ください。

竹俣勇壱  Yuichi Takemata
1975年金沢生まれ。1995年より彫金を学び始め2002年独立。
2004年、「KiKU」オープン。オーダージュエリーを中心に活動、2008年ジュエリーに加え生活道具、茶道具の制作を始める。
2010年「sayuu」オープン。2店舗のショップを中心に全国で展覧会を開催。
機能や技法にとらわれず意匠的な美しさを追求しわ古色仕上げ精密な鏡面仕上げなど様々な加工を使い分ける。
金沢大学 非常勤講師


IITO FAIR

2021年3月 6日

DSC03734.jpgIITO FAIR
2021.5.12 水 - 5.23 日
CLOSE 5.17 月
〈月~木〉11:00-18:30
〈金~日・祝〉11:00-19:00
※営業時間、並びに開催期間は状況により変更することがございます。
まちのシューレ963 ギャラリー


第一紡績が作る、こだわりの糸を使用したアイテム、「IITO」。
「IITO(いいと)」とは、「いい糸」の意味。
素肌がよろこぶ感触を実現しました。
「ありそうで無かった欲しいモノ」を
追求しお届けするブランドです。
今回のフェアでは、春夏ものを中心に、
Tシャツや裏毛のプルオーバー、パーカーなどの
家、外問わず着ていただけるシンプルなアイテムが届きます。
お家時間が多くなった今、リラックスできるウエアで、
この春夏を気持ち良く過ごしてみてはいかがでしょうか。
フェアに合わせて、神戸のシューズメーカー
AREZZOのオリジナルブランド、
「Lagomma」の厚底トングサンダルも届きます。
ストレスフリーな履き心地をぜひお試しください。

2020_0812_17132000.jpg裏毛ヴィジュアル.jpglagomma4-2.jpg

櫻屋 加藤良行 展

2021年3月 4日

_DAE5910.jpg櫻屋 加藤良行展
2021年4月24日(土)~5月9日(日)
月~木 11:00~18:30 金~日・祝 11:00~19:00
※状況によって営業時間は変更することがございます
まちのシューレ963 ギャラリー
作家在廊:4月24日(土)

手間をおしまず、自然にさからわず。 木工家・加藤良行がつくる木のうつわは、 神具や仏具のような精緻さと、 道具としての日常性をそなえています。 ノミや鉋がつくり出す、刳りものの美しい 強さを体感してください。

profile
加藤良行 | Yoshiyuki Kato
1974年大阪府生まれ。大阪デザイナー専門学校卒業後、宮大工に従事。2005年独立。大工仕事の合間に木の道具をつく りはじめ、2009年からは木工制作に専念。全国で個展開催。
https://www.instagram.com/sakuraya.daiku/

_DAE5927.jpg_DAE5919.jpg

affordance exhibition

2021年2月19日

_DSF6805_r.jpgaffordance exhibition
2021年4月10日(土)~2021年4月20日(火) ※4/19(月)定休日
月~木 11:00~18:30 金~日 11:00~19:00
※状況によって営業時間は変更することがございます

小川弘記氏在廊:4/10(土) 

affordanceとは、アメリカの心理学者ジェームス・J・ギブソンが作った造語で、 「物事・環境が人に与える意味や価値」のこと。同じモノでも、その価値や用途 は、手にする人・環境によって引き出されていくという思考です。 affordanceは、日本製のオリジナル革を使い、裁断から縫製まで全ての工程を一 人で行っています。丈夫で永く使うことのできる革鞄や革小物は、それを使う人 と時間によって、より愛着のある「モノ」として完成していくと思います。  そんな一品を探しに、ぜひご高覧ください。

HP : affordance

写真 2018-12-28 12 44 24_r.jpgphoto by Tohru Yuasa

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Recent Entry

Category

Archive